お知らせ

お知らせ

晴天の中 30周年記念「亀山茶会」開催

プレスリリース   2016年09月11日

IMG_1029.JPG←本殿西庭に設けられた拝服席

出雲大社北島国造館で平成28年9月11日、亀山茶会が開催されました。

30周年の記念のお茶会にふさわしく、出雲の空は晴れ渡り、

県内外から多くの三斎流関係者をはじめ、茶道愛好者らで賑わいました。

当日は、細川護光様ご夫妻、ご息女も御来賓としてお越しいただき、

一服のお茶をお出しすることができました。

 

IMG_0880.JPG←本殿で執り行われた献茶式

本殿では、森山宗浦御家元による献茶式が厳かに執り行われました。

献茶式の後、御来賓の方々の玉串拝礼が行われました。

 

P1030448-2.jpg←奥書院の濃茶席

奥書院では濃茶席が設けられ、床には

後陽成院宸翰深草切・和漢朗詠集(下)・鶴帰舊里六行が掛けられました。

直門が担当しました。

 

IMG_0974.JPG←亀山会館の薄茶席

亀山会館では薄茶席が設けられました。担当はおんぼら会。

実はおんぼら会の皆さんは、お席を担当するのは初めてで、

この日がデビュー戦となりました。

2カ月前から立礼席のお点前、お運び等を猛特訓。

その成果が十分に発揮され、お客様からお褒めのお言葉をいただきました。

IMG_0963.JPG←おんぼら会のメンバー

 

IMG_0930.JPG←本殿西庭の拝服席

本殿西庭には拝服席が設けられました。

直門の若手が担当しました。

 

IMG_1033.JPG←八雲会館の点心席

八雲会館では点心席が設けられ、

ゆたか亭のちらし寿司膳が振る舞われました。

 

また、来場者には、

北島建孝国造様と森山宗浦御家元合筆の色紙

「緑毛亀画讃」が記念品として配られました。